7月 14

面接での印象

HY024_350A

新卒採用の面接に置いても一緒です

面接において一番見られているのはその人のイメージです。
これは、再就職に限らず、新卒採用の面接に置いても一緒です。
第一印象は7秒で決まる、という情報がありますが、いかにスキルや経験がある事を面接や履歴書で伝えても、だらしないという印象を持たれてしまったら、相手にはほとんど響いてない場合もあります。
自分自身が、ここにいる相手と働くという感覚を持って面接に向かう事で、企業側に好印象を与える事ができます。

職探しがうまくいかず、休みが続くと、なんとなく消極的な気持ちに陥ってしまいます。
そういうときこそ、自分に対して不快な言葉はできれば考えないようにするべきです。
いつでも意気消沈せず、頑張り続けていられる性格は、本当は、採用者に人気がある人物なのです。
先入観を捨てて、再就職を終えた先輩たちや、やる気の出るようなアドバイスを調べると、自分の力を躊躇せず生かせるようになります。

転職をすると決心しても、その時点では離職をしていない場合、離職の意向を伝えてから採用試験に応募する事もできますし、まだ辞職の意志を知らせていないシチュエーションでも、応募する事はできます。 希望の求人を発見したら、躊躇せず応募した方が良いとおもいます。
辞職予定日がはっきりしないままで新しい企業での就業が決定したら、たいていいつから就業する事ができるのか聞かれますので、その際は、今の仕事の引き継ぎや、就業規則を確認しておいて、いつでも答えを言えるようにしましょう。

仕事探しは、離職後のブランクが長いと、就職が大変になるといいます。
退職前から、多くの就活エージェントに登録して、自分に合った再就職先を見つけてもらったり、就職活動に関連するアドバイスを提示してもらい、離職後、ひと月から3ヶ月未満で素早く行動する事が、就職成功のポイントとなるようです。
キャリアアップや、自分のやりたい職業が明確な場合は常日頃から詳らかに、条件や業務形態を抽出しておくと便利です。
事細かにイメージする事で、悩まずにすぐに実行できるようになります。